医療先進国である日本が医療技術の向上を果たした理由

Posted in 未分類 on 9月 24th, 2013 by master — コメントは受け付けていません。

世界の先進諸国の中で日本の場合、自国で採れる資源が乏しいということが難点で、自動車製造のシェアなどでは現在優位な立場ではありますが、自動車に補給する燃料となる石油は100%輸入に頼っています。
これは輸送関連事業のコストに大きく係わっていることで、他国に頼らなければすべてが無用化となってしまいます。
このようなことで先進国として成り立っている日本が唯一他国を押しのけて、医療技術や医療分野では世界一の先進国であることは間違いありません。
現在の医療は医療機関による検査技術の目覚しい向上により、確定診断などで病気の正確な情報や病期などを知ることが出来、診断の結果から正しい方法を個々の患者に合わせて行なっています。
病気の正確な状態や情報を知ることこそが、治療も同時に正確に行なうこととなります。診断後に治療方針が決められると、ハイテク機器が使われ今まで不可能であったような部位の病変であっても治療が可能であることや、海外のどこの医療機関でも真似のできない高度で精密な手術なども日本のスーパードクターやゴッドハンドと称される医師の手に掛かれば、他の病院では手の施しようがないと言われていた病気であっても根治が可能となることもあり、そのような医師は医療技術の高い高度で最先端医療設備を整えた医療機関で働いていることが多いです。このようなハイテク機器を揃えた病院は世界の主要都市を始めとして多く存在するのですが、そもそもこのような医療機器のほとんどは日本のメーカーが長年の研究により開発したもので、さらに製薬会社などが新薬の開発をし、医師による臨床という治療の研究や成果をともに行い、医療技術の向上や治療による成果を上げてきたことは間違いありません。
そのため、医療分野では他国に比べて圧倒的に進んでいて、病気を探すという検査レベルもとても高いと言え、そのことが日本人の平均寿命そのものを上げていることに繋がっているのです。